おうちでできること

こどもとの家遊びを中心に、雑記ブログです。

【工作】車のギア(ティッシュ空き箱、トイレットペーパー芯、紙コップ)

最近長男5歳が車の助手席に乗るようになりました。エアコンの操作を長男に頼めるようになって、とても良いです^_^

 

長男が気になっているのが、車のギア!!

 

「ねぇお母さん、これなあに?どうして動かすの?」

「今は何のギアに入ってるの?」

「1番下はなんて読むの?下から2番目は?」

と興味は尽きません。

 

そして、ついに

「僕も動かしてみたい!」

発言が!!

「それは出来ないんだよ。」

「どうして?」

「車を運転するにはね、運転免許っていうのがいるんだよ。車の学校に行って、お勉強して練習しないともらえないの。車はスピードが速いから、人にぶつかるとケガをさせたりするかもしれない。危ないものだから、運転免許を持ってら人しか、ここは触っちゃだめなんだ。」

と説明しました。

 

「はぁ〜い…」

とがっかりした返事が返ってきました。それでも興味は尽きないようで、

「1番下は、坂道を登る力持ちギアなんだよね?」

「NとPは何が違うの?」(←もう私にも分からん)

「僕は触っちゃダメなんでしょう?」

と、なかなか深掘りしてきます。

 

ということで、長男のために、車のギアを作りました!

 

f:id:grenza:20190608022140j:image

使ったのは、

  1. ティッシュの空き箱
  2. トイレットペーパーの芯、
  3. 紙コップ(小)、
  4. ティッシュ
  5. 折り紙
  6. のり
  7. はさみ

です。

 

ギアの部分は、下に小さな紙コップをストッパーのためにつけています。これで抜けにくくなりました。

f:id:grenza:20190608022850j:image

持ち手の中身は、ティッシュを丸めたものです。銀色の折り紙で包み、トイレットペーパーの芯に入れ込みました。(マイクにも変身する!と喜ぶ長男)

 

P,R,N,D,S,Lの文字はポスカで書きました。


 

 

発色がいいので、濃い色の紙に書くときは、必ず使ってます。おススメです。

 

 

私が、ギアを作っているのを隣でずっと見ていた長男。急に「あ!」と大きな声を出しました。

「お母さんがギア作ってるでしょ!じゃあ僕がハンドル作るよ!」

と言って、ティッシュとハンドルの形に成形して折り紙を貼り付け始めました。

 

出来上がったハンドルがこちら

f:id:grenza:20190608024038j:image

長男と、初の工作コラボレーションでした^_^

じわじわ嬉しい😊