おうちでできること

こどもとの家遊びを中心に、雑記ブログです。

【子どもと実験】水いりフリーザーパックに鉛筆を刺すと水は漏れない?

子どもの脳は科学者と同じと言われているそうです。仮説→実験→検証→仮説…を繰り返しいるからというのが、その理由のようです。

 

たしかに、我が家の子どもたちを見ていてもそれを強く感じます。長男5歳、次男2歳は2人ともNHKEテレの「ピタゴラスイッチ」が大好き!毎日、コロコロ〜カタカタ〜な装置を作っています。

 

ビー玉を転がして、速度をあげたかったらレールの角度をつけてみたり、大きい球に替えてみたり、球が装置から飛び出さないようストッパーを置いてみたり…。まさに仮説→実験→検証の繰り返しです。

 

そんな子どもたちと、今日は

水いりフリーザーパックに鉛筆を刺すと水は漏れないか?

の実験ですー!

 

f:id:grenza:20190525143315j:image

 

必要なもの

f:id:grenza:20190525130058j:image

フリーザーパック、鉛筆、比較対象のため紙封筒と、キッチンで使っているナイロン袋も用意しました。

 

よく刺さるように鉛筆はピンピンに削って尖らせるといいです。

 

やってみよう!まずは紙封筒!

まずは、紙封筒に水を入れて、鉛筆で刺します!プスッと!

f:id:grenza:20190525130500j:image

だだ漏れですねー。

子どもたちは、

「水、出てきたーー!!」

と大はしゃぎ^_^

 

水を入れた紙袋に鉛筆を刺すと、なかなか水が漏れ出てくることがわかりました。

 

次はキッチンで使っているナイロン袋

f:id:grenza:20190525142303j:imagef:id:grenza:20190525142335j:image

鉛筆を刺した瞬間は、漏れない!と思ったのですが、2本目を刺すと穴が広がったのか、漏れました。

子どもたちはまた大はしゃぎ!

 

最後は、フリーザーパックで実験だ!

f:id:grenza:20190525142635j:image

1本目!

水は、漏れてません!

 

f:id:grenza:20190525143315j:image

2本目を刺しても、漏れてません!

水が入ったフリーザーパックに、鉛筆を刺しても漏れないというのは本当でした!

 

でも、この後3本目を先に刺した2本の鉛筆の真横に刺して、さすがにフリーザーパックでも穴が繋がったのでしょう。破けて水が漏れ出てきました。

 

子どもたちは、また大喜び‼️

 

一応実験は成功したんですが、水遊びが出来て楽しかった〜^_^というのが、子どもたちの素直な感想のようです。

 

まだ、ちょっと早かったかな〜。また来年あたりにリトライしてみます。