おうちでできること

こどもとの家遊びを中心に、雑記ブログです。

お家にあるものでできる!レタスの水切りが1分でできる方法

レタスの水切りで悩んだことはありませんか?

 

レタスはおかずやお弁当などにちょっとレタスを添えるだけで、彩りが出て大変便利な野菜です。

 

でもあのレタスのボコボコした形に、洗ったあとの水がいつまでもまとわりつきますね。レタスの水切りが不充分なままだとサラダにかけたドレッシングが水っぽくなったり、サンドイッチのパンがベチャベチャになったり、水分大敵のお弁当では水漏れの悲劇も起こり得ます…。

 

サラダスピナーなど、水切り専用の調理器具も売ってますし、レタスの水切りに悩む人は多いのではないでしょうか。

 

今日は、私が普段やっているレタスの水切り方法をご紹介します。この方法なら、あっという間に簡単にレタスの水切りができちゃいます。使うものもお家にあるものばかりです。

 

 

まずは、レタスをちぎります。

f:id:grenza:20190520184325j:image

ちぎったレタスは、水にさらし、ざるに上げてザッと水を切ります。水にさらす時間が長いと栄養分が水に抜けてってしまうそうなので、水にさらすのは短めにします。

 

ビニール袋の中にレタスとキッチンペーパーを入れます。

f:id:grenza:20190520184709j:image

清潔なビニール袋と、キッチンペーパーを用意します。ビニール袋の中にレタスとキッチンペーパーを入れます。私はキッチンペーパーをまずは2枚入れました。

 

ビニール袋に空気を入れて袋の口を軽く結びます。

f:id:grenza:20190520184700j:image

ビニール袋の口キツく結ぶと後でほどきにくいので、ほどほどに。

 

そして、シェイクします!振って振って!

 

振っている間に、レタスにまとわりついている水分がどんどんキッチンペーパーに吸い込まれていくという訳です。

 

ビニール袋の外側から、キッチンペーパーが湿っているのが確認できると思います。一旦袋を開けて、レタスの水切れ具合を確認します。もう少し水切りしたい場合は、ビニール袋の中に入っている湿ったキッチンペーパーを取り出して、新しいキッチンペーパーを入れて、またシェイク!!振って振って〜^_^

 

しっかりレタスの水切りが出来ました。

f:id:grenza:20190520185818j:image

この間、およそ1分^_^洗い物もなし!

 

水がしっかり切れたレタスは、パリパリして美味しいです。今日はハンバーグの添え物にしました。ハンバーグソースがレタスにまとわりついている水分で薄まることもなく、美味しくいただきました。

 

簡単な方法なので、レタスの水切りをしたいときは、ぜひ試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^_^